menu

ペットトリマーになる方法と資格

猫専門の美容師になれる?そういう仕事はある?

猫専門の美容師、そういう仕事はあるのか
Pocket

猫専門の美容師という言葉はあまり聞きなれないですが、実際にはペット美容師というくくりでお仕事をする事ができます。

ペット美容師は一般的には「トリマー」「トリミング技能士」「ペット・グルーミング・スペシャリスト」というような資格を持ってお仕事をしている人を指しています。

もしくは、猫専門のペットサロンや美容室などがあれば猫専門の美容師として働く事ができます。

猫のおふろ

または、自分で独立し猫専門の店舗をかまえる事で猫専門の美容師として活躍できます。

ですが、実際には需要と供給の関係でイヌや他の動物も利用できるのが一般的です。

独立したは良いが、お客さんがいない事にはやっていけません。

実際に、猫のみの店舗でもやっていけるという下調べが済んで自信があるのであれば猫専門の美容師というお店も面白いかもしれません。

ある程度ネコブーム?(ねこカフェ)などもあるので、可能性として無くはないかもしれません。

ネコ専門美容師の仕事内容

一般的なペット美容師と同じでトリミングやグルーミングが主な仕事となります。

猫ちゃんの毛をカットして整えたり、シャンプーしてきれいにしたりします。また、爪切りや爪とぎなども行います。

もちろん、それに付随する雑務などの仕事もあります。

店舗の掃除や、器具の洗浄、また飼い主の接客なども含まれます。

どんな職業でもある程度の雑務も仕事として含まれるので、猫だけを相手にする美容師という事だけでは終われません。

もちろん、猫が自分で依頼してくれるわけではありませんので、猫の飼い主との接客もあります。

動物が好きプラス接客も大切な要素になってくる仕事だとも言えます。

猫の美容師の資格について

猫専門の美容師という資格はありませんが、「トリマー」「トリミング技能士」「ペット・グルーミング・スペシャリスト」という資格があります。

これらの資格は国家資格ではなく、民間企業や団体の資格となります。

その為、ペット美容師になりたいという場合にはこれらの資格をとる事になります。

ですが、トリマーなどの仕事をするにあたり最悪資格が無くてもその職場や環境へ就職することでトリマーとして働くことが出来ます。

ただ、いきなりペット美容師として働きたいと思っても簡単には雇ってくれない可能性があります。

トリマーとしての経験や実績が無い事には雇ってくれる店舗は少ないでしょう。

その為、勉強の場や修行の場の第一歩としてトリマーの資格を取るという方法がとられます。

また、就職する時にも資格がある方が無い人よりも雇ってくれる可能性は高くなります。

雇う側の視点になって考えれば、資格が無い人よりもある人の方を有利なのは間違いないでしょう。

ですので、猫の美容師(ペット美容師、トリマー)を目指すのであればトリマーの資格を取っておいた方が無難です。

Pocket

ペットトリマーの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ペットトリマーの資格について知りたい!
  • とりあえずトリマーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ペットトリマーへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事