menu

ペットトリマーになる方法と資格

犬の美容師になる方法

犬の美容師になる方法
Pocket

犬の美容師は一般的にはトリマーなどと呼ばれる職業です。トリマーの場合ペットであれば対応する事になるのが一般的です。

自分が就職した「ペットサロン」「ペット美容室」「ペット病院」などが犬専門の場所でしたら犬専門の美容師という事になります。

いぬのシャンプー

または、将来的に独立してペットサロンを開業するという事であれば、イヌ専門美容室として開店する事も可能です。

その際にはイヌ専門の美容師として働く事ができます。

犬の美容師に資格はいるのか?

犬の美容師という資格はありませんが、「トリマー」「ペット・グルーミング・スペシャリスト」という資格はあります。
どれも国家資格ではなく、民間企業や団体の資格となります。

トリマーになる場合、最悪資格が無くても自分がその職場や環境へ就職してしまえばトリマーとして働くことが出来ます。

ですが、勉強の場や修行の場の第一歩としてトリマーの資格を取る方がほとんどです。

また、就職する時にも資格があるのとないのでは差が出てしまいます。

トリマーを雇う側も資格が無い人よりもある人の方を優先するのが一般的です。

ですので、犬の美容師(「トリマー」「トリミング技能士」「ペット・グルーミング・スペシャリスト」)を目指すのであればトリマーの資格を取っておいて損はありません。

むしろ就職する際には有利に働きます。

犬の美容師の仕事内容

一般的な犬の美容師の仕事内容としては

トリミング:毛のカット、毛並みを整えるなど
グルーミング:シャンプー、爪切り、ドライヤー、ブラッシングなど

が主な仕事内容となります。それ以外にも職場の雑務なども含まれます。

カットした毛の掃除、器具の洗浄、飼い主の接客、といった事も職場によっては行います。

動物病院であれば、獣医のサポートとして、犬を落ち着かせたり、診察の時に暴れないように押さえる事も仕事の一つです。

ですので、「コレだけがトリマーの仕事!」と区別する事は出来ません。

例えば、調理師として働いている人も調理だけが仕事ではないのと同じです。

時には、食材の仕入れ買い付け、業者の選定、厨房の掃除、調理器具の洗浄、床洗浄、カウンターの店舗であれば接客も含まれます。

独立した場合であれば、店舗の経営運営も仕事として含まれます。

ですので、就職した場所によって仕事内容は変わって来るということは頭に入れておきましょう。

Pocket

ペットトリマーの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ペットトリマーの資格について知りたい!
  • とりあえずトリマーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ペットトリマーへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事