menu

ペットトリマーになる方法と資格

トリマーとは?由来と意味

トリマーの由来と意味
Pocket

名前の由来

トリマーは動物の手入れ一般のお仕事を意味します。本来トリマーは「トリミング」を行う人という意味があり、写真のトリミングと言った言い方もあるように、不必要な部分を除去・カットする仕事です。

ペットなどの動物に対してトリマーという場合には、動物の毛をカットしたり、全体的な手入れをしてあげる仕事です。

トリマーという言葉は日本ではよく使われていますが、海外では同じ意味で「グルーマー」という呼ばれ方をします。

グルームとはサルなどが毛づくろいを行う事に由来する言葉ですが、これが発展して、馬などの手入れの仕事をする人を「グルーマー」と呼びます。

犬や猫なども、人が毛並みを整えてあげる事から「グルーマー」と呼ばれるのが一般的で、トリマーのトリミングもグルーミングの中の技術です。

社会的地位

最近のペットブームによって、多くの人が犬などを飼育するようになり、人の身近で生活する室内犬も増えてきました。日本では犬の世話はエサをあげて散歩させるぐらいにしか以前は考えられていなかったのです。

犬の飼育目的も、番犬などが一般的で室内飼育はそれほど重要視されていませんでした。そのため日本の在来犬種では容姿や毛の手入れがそれほど必要でないと考えられていたのです。

ところが、生活の欧米化にともなって室内犬や愛玩犬の導入も盛んになり本場海外で飼育されている毛や容姿の手入れが必要な犬種も増えてきました。

人間と同様の生活環境で暮らすうちに人間と同様の栄養管理も考えられるようになり、同時に健康や美容といった面も重視されるようになりました。

そのためこういったペット専門に手入れを行うトリマーという職種の必要性も高まってきました。

トリマーの職種は、ペットの日常飼育とは別に健康面のチェックや伸びすぎた毛などの容姿のコントロールといったペットの身近な世話の専門職と認知されるようになってきました。

ペットの健康面では従来から獣医師と飼い主さんの関係はありましたが、よりペットに近い立場からペット日常の健康管理全般にわたるアプローチが可能な職種がトリマーであり、今後のトリマーの方向性・発展性にも基本的な考え方として定着して行くと思われます。

日本では

現在トリマーとして民間資格が登録されているのは、全国で1万5千人ほどです。しかしトリマーの職種は免許が無くても仕事をしてはいけないという制限はありませんので、動物が好きであれば誰でもトリマーの道を選ぶ事は可能です。

またトリマーの技術はブリーダー関連や動物病院の助手、動物看護師などでも必要となるため、そういった方面に進む方にも有用な技術です。まだトリマーの需要という面からは比較的新しい職種でもありますので、今後の展開も期待できる分野です。

外国では

もともとグルーミングという職種はペットとしてだけではなく、歴史もあり馬や牛といった畜産分野の専門技術です。アメリカの農科大学ではアニマルサイエンスの1課程としてアニマルケアの実習があり、動物のトリミングは畜産の専門理論の分野で発達してきたようです。

これらの技術は実際に動物の品評会において優秀な成績を出すという実益を伴うものですが、ペットにおいてもドッグショーやコンテストが盛んに開催され、同様の様式が発達してきたと考えて良いでしょう。

私も以前ネブラスカ大学でアニマルサイエンスを履修した際には仔牛を1頭与えられてコンテストの出場させるというカリキュラムを受けた事があります。

Pocket

ペットトリマーの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ペットトリマーの資格について知りたい!
  • とりあえずトリマーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ペットトリマーへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事