menu

ペットトリマーになる方法と資格

トリマーの大変な部分と苦労

トリマーの大変な部分と苦労
Pocket

トリマーの仕事は普通見ているほど楽なものではありません。トリマーを目指す人の多くはもともと動物が好きという方が多いと言えます。

自分で犬を飼っていてその面倒を見ているうちに趣味でトリミングなどを始めた方もいます。趣味がこうじてそのままトリマーになってしまった方もいます。

好きだけでは仕事にならないトリマー業

しかしトリマーは例え動物が好きでも、好きだけでは済まされない大変さがあります。それは動物とのコミュニケーションを上手にとるといった資質の問題でもあります。

トリマーの仕事で扱う動物は様々な種類・犬種があり大きさや性格なども全く異なります。このような様々動物を相手にうまく仕事をこなして行くというのは、想像以上に難しい事です。

トリミング作業で高い評価を得る人は、このような動物とのコミュニケーション能力が長けた人といっても良いでしょう。その上トリミング技術としての資質(器用さや繊細さ、センス)なども要求されるのがトリマーです。

トリマーの要領とは

トリマーの苦労話をよく聞いてみますと、仕事が速く出来ない、失敗して怪我をさせてしまった。カスタマーが別のお店に取られてしまったなど仕事に関する多くの悩みを持っていることがわかります。

しかしトリマーとして成功している方は、こういった悩みを自分で解決している事がわかります。

例えば特に皆に嫌がられるような悪いクセのある動物を事も無げに器用にトリミングできるトリマーは、必ず一目置かれる存在です。

また誰がやっても同じようなトリミングが、あるトリマーにかかると見違えるように魅力的に仕上がるといった場合にも、そのトリマーは注目される事になります。

こういったトリマーがさらに切磋琢磨して技術を高め努力を続ける事でショークリップ担当を任されたり、新しいスタイルを提案する機会を与えられると考えて良いでしょう。

一般にカリスマトリマーといった人たちも最初は初心者で下積みの経験を積んだ方が多いのです。流行やセンスは単なるひらめきだけでは簡単に認めてもらえません。

しかし絶えず地道に努力し、結果的に動物とうまく折り合いながら仕事を進める事ができるトリマーは仕事の内容にも自然と重みが加わってくるものです。

基本は動物相手の仕事

トリマーになりたい方は、きっと将来は流行の最先端を行くペットサロンでカリスマトリマーを夢見ている方も多い事でしょう。但し忘れないで欲しいのはトリマーを最初に認めてくれるのは、当の動物達であることです。

つまり仕事の相手である動物達の 協力無くしてはトリマーの成功は程遠いということを忘れないでください。

Pocket

ペットトリマーの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ペットトリマーの資格について知りたい!
  • とりあえずトリマーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ペットトリマーへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事