menu

ペットトリマーになる方法と資格

練習場所とポイント

練習場所とポイント
Pocket

トリマーの技術は頭だけで習得するものではありません。実際に自分で作業をしながら体得して行く性質のものです。

ところがトリマーを目指す方もなかなか練習の機会で苦心されている方も多いのでは無いでしょうか。近所の犬で練習台になってもらう、自分の犬で練習するなどいろいろと工夫もあるでしょう。

ここでは自分でトリミングの練習を考えている方のために、練習のポイントなどをご紹介したいと思います。

愛犬で練習

トリマーの練習で最も良く行われるのは自分で飼っている愛犬で練習する事です。自分がかわいがっている愛犬ですから、気心も通じていますし少々失敗しても誰も文句は言いません。

練習の後は、近くの公園などに散歩に連れ出してあげれば、他人の視線による評価なども参考になるでしょう。ただし自分の愛犬を練習に使っていると頻繁に練習するといった面では不利になります。毛が伸びるまでは、そうそう勢い良くカットもできません。

愛犬を利用する場合には、練習も「伸びるのを待ってからボチボチ」といったおおらかな姿勢が大切です。

それにトリミングの練習と言っても、カットだけではありませんから、ブラッシングや爪切り、耳掃除など細かいところは合間に練習できます。シャンプーの練習などは犬種によっては頻繁に行うと被毛や皮膚が荒れてしまう場合もあるので注意しましょう。

アルバイトで練習

愛犬の練習だけで不足するといった方には、近くのペットショップや美容室などのトリミングのアルバイト作業などで腕を磨くといった道も考えられます。

しかしこの場合はショップでも料金をとってトリミングしている事もあるので、大事な作業は行えないという場合も多いでしょう。料金の安い一般件のケアであれば、週末などの繁忙期などには働かせてくれる場合も多くなります。

こういったアルバイトでは、専門のスタッフから作業のコツといったものを教えてもらえる機会もありますので、独学の練習よりも効果があると考えて良いでしょう。

また、お手伝いと勉強をさせてもらっていくらかの収入が見込めるというメリットもあります。アルバイト代で気になるトリマー用品などを揃えるといった事もできますね。

見習いで練習

トリマーを目指し本格的な実務を身につけたいという場合には、トリマー美容室や専門ショップの見習いという手もあります。

見習いですから動物の世話や管理、室内の清掃といったトリミング以外の仕事も行わなくてはなりませんが、実際のトリミング作業を本格的に練習するには最適な環境です。

プロの先輩の方々の技術を見ながら勉強できるだけでなく、親しくなればとっておきのアドバイスなども受けられるのですからこれは利用しない手はないでしょう。そして下働きの見習いから始めているうちに本採用になる場合も多いと言えます。

Pocket

ペットトリマーの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ペットトリマーの資格について知りたい!
  • とりあえずトリマーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ペットトリマーへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事