menu

ペットトリマーになる方法と資格

トリマーに欠かせない仕事道具

トリマーに欠かせない仕事道具
Pocket

トリマーは基本的に職人芸と考えて良いと思います。もし将来トリマーとしての進路を検討されているのであれば、まず準備しておきたいのがトリミングの道具でしょう。

トリマーの道具と言えば専門用具が必要なのでは無いかと考えてしまいがちですが、実際はペット用で販売されているごく普通の道具があればトリミング作業ができてしまいます。

職人といえども道具が無ければお客様と全く同じで何もできません。

また、自分の愛犬を利用して必要な基本技術を練習する場合にも道具があれば便利です。ここではトリマーの心得として自前で道具をそろえる場合にどういったものが必要か、どのような種類があるのかといった事についてご紹介したいと思います。

ちなみにトリマーの道具と言えばハサミやブラシ、バリカンなどをすぐに想像しますが、忘れやすいのは、掃除用具やシャンプー時のタオルなどです。道具の手入れや仕事の準備に欠かせない用具もトリマーの重要なツールであることに留意しておきましょう。

トリマーの道具

・ブラシ
毛先にピンのついたピンブラシが必要です。背中合わせでナイロンブラシがついているものなどが便利です。大きさも用途に合わせて様々です。被毛の手入れと言えばピンブラシが定番となります。

仕上げで被毛のツヤ出しがありますので獣毛ブラシも用意しておきましょう。

市販品では「ペットブラシ(スリッカータイプ)」などがあれば十分です。

・スリッカー
スリッカーもブラシの仲間です。これも大きさが様々なものが販売されています。また、ソフトとハードタイプがあり、抜け毛を取り除いたり、毛玉やもつれを防ぐための必需品となります。

長いドッグの被毛の手入れではブラシよりもスムーズに使えるといったメリットがあります。

市販品では「ペットブラシ(スリッカータイプ)」などという名で販売されています。

・コーム
コームは、動物の被毛用のクシです。毛並みを揃えるのに使います。コームは目の粗いもの、細かいもの、その中間と3種類程度があると便利です。

最初は目の粗いコームから、順に目の細かいもので整えていきます。ドッグの毛質に合わせて使い分けすると良いでしょう。

市販品は「ペットコーム 一般用 両目金櫛 64S スタンダード」などがあります。

・ハサミ
ハサミは毛質に合わせて使い分けするので毛並みにあわせて断髪ハサミ、刈り込みバサミ、すきバサミなどを使い分けます。用途に合った色々なハサミを準備できれば良いでしょう。市販品では「カットバサミ HP-49 犬・猫用」などがあります。

・バリカン
バリカンはクリッパーとも呼ばれています。電気式のものと、手動のものがあります。毛の長さや場所で使いわけますが、簡単に調節できる便利な機構のものもあります。

家庭用で市販されているものは手ごろな価格でありながら便利な毛の長さを調節するガイドなども付属しています。市販品では「ロビー クリッパー クロス 325KIT Cross Hairs」などがあります。

・ドライヤー
人間用に似ていますが、動物用は風量が強いスタンドになっているタイプが適しています。大型・小型で風量が違うのでドッグの身体や毛の長さに合わせて使い分けると良いでしょう。

市販品でも「シャンドラ本格派ペット専用マイナスイオンドライヤーセット」などがあれば便利です。

・鉗子
ドッグの耳そうじ時に脱脂綿を巻き付けて使います。耳掃除だけでなく耳の中の毛を抜く時にも使えます。市販品では「モスキート鉗子・独ミルテックス社製」がお勧めです。

・爪切り
ペットの爪切りに使います。仕上げ用のヤスリもあると滑らかに仕上がりますので揃えて置きましょう。市販品では「HP 爪切りヤスリセット HP-46 犬用」などがあります。

・セットペーパー
毛を保護するために用います。「カドック セットペーパー ピンク」などの名称で市販されています。

・ストリッピングナイフ
毛抜き用にのツールです。「ストリッピングナイフ 617 (毛抜き用)」で販売されています。

・トリミングテーブル
トリミング用の専門テーブルです。他の台でも代用もできますが長く使うものですから専用のものを揃えておくと便利です。市販品では「折り畳みテーブル M 外付けアーム万力小付」などがあります。

Pocket

ペットトリマーの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ペットトリマーの資格について知りたい!
  • とりあえずトリマーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ペットトリマーへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事