menu

ペットトリマーになる方法と資格

トリマーの悩みと問題

トリマーの悩みと問題
Pocket

トリマーさんの悩みで多い事といえば

これからトリマーを目指す人がトリマーさんの仕事を考えて見る時、実際に働いている方がどのような悩みを多く持っているのかわかるとイメージもつかみ易いですね。

ここでは、トリマーさんに多く見られる代表的な悩みについていくつかご紹介したいと思います。

収入の悩み

トリマーさんの悩みで最も多いのが収入に関してです。

大好きな動物といっしょに仕事ができるのが理想で、ある程度は収入が少なくても我慢できると考えていた人であっても、現実にはトリミングの作業は全体のほんの一部で、店舗の清掃や雑用の方が多い、そして残業や休日出勤など当たり前という状況で、ボーナスは出なかったといった不満や、生活もギリギリの安月給という場合まで、収入に関する悩みは様々です。

トリマーの場合は本来技術職なので、経験とともに能力も向上していくのが一般的なのですが、本来のトリマー技術がないがしろにされて雑用などの作業範囲で査定されてしまっている可能性も高いですね。

就職してから後悔しても始まりませんが、できれば事前に職場見学や説明会でよく内容を確認しておくとこういった悩みも半減するのではないでしょうか。

トリマーの技術が活かせる職場の多くは、ペットショップや他のサービス業に付帯している職場の傾向があります。つまり客商売に依存するために安定したトリミング顧客を確保出来ない場合もあるものです。

こういった場合でもお客が少ない原因を改めて考えてみるだけでも、現状の解決の糸口に繋がる場合もあるでしょう。要はどれだけトリミングでカスタマーに満足を与える事ができるのか、そしてリピータとなってくれるにはどのように対応したらよいのだろうかといった事を職場全体で話し合う機会も必要ですね。

動物に怪我をさせた悩み

トリマーの悩みで多いのは、トリミングの最中に動物に怪我をさせてしまったという事です。トリミングの最中にバリカンのミスで皮膚まで傷をつけてしまったり、ハサミで耳まで切ってしまった、爪を切りすぎて血が止まらないなど様々な事故があります。

怪我の原因はトリマーの技術の未熟さが原因となる場合がほとんどですが、動物にも扱い易いタイプ、そして全くいうことを聞いてくれない困ったタイプなどいろいろありますので、運が悪くて怪我をさせてしまう事もあるでしょう。

予約が集中して、とにかく時間キッカリに仕上げてしまわなくてはならない場合にも通常とは異なる心の焦りといったものが重なって事故を起こしてしまう場合もあります。

飼い主さんは許してくれても、動物はしっかり憶えていて次からは簡単にトリミングさせてくれないといった悩みなども出て来ます。仕事に失敗はつきものです。失敗は良い経験であると考えて、さらなるステップアップの糧にしたいものですね。

仕事が遅い、時間がかかる

トリマーの仕事を始めたばかりの初心者に多く見られる悩みの中では自分の仕事が思うように速く出来ないことによる悩みも多いものです。トリマーの仕事は傍で見ているほど楽ではありません。

その具体的な現れが仕事の遅さという形で感じてしまうのです。その最も代表的な例がシャンプーなどでしょう。身体を洗って乾かしてというイメージも実際にやってみると思っていた以上に手間のかかる作業です。

しかもおとなしい犬ばかりではありません。嫌がって暴れるのは当たり前、なだめたり力で固定しながらの作業は、あっという間に時間を浪費することも事実です。

こればかりは経験や慣れも関係している事ですし、個人的な力量もあるので要は焦らない事です。動物は不思議なものであわてて接するだけで怯えてしまう事もよくあります。速く仕事になれてこなせるようになれば良いですね。

Pocket

ペットトリマーの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ペットトリマーの資格について知りたい!
  • とりあえずトリマーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ペットトリマーへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事