menu

ペットトリマーになる方法と資格

トリミングだけじゃない仕事内容

トリミングだけじゃない仕事内容
Pocket

トリマーさんの仕事はトリミングだけではない

トリミングだけの仕事は珍しい

トリマーさんの仕事は実際どのようなものになるのでしょうか。実はメディアなどで紹介されているトリマーのお仕事のイメージはごく一部でしかありません。

動物相手に一日中毛を切ったりシャンプーをしたりすることは稀で、その他の仕事が山ほどあるのが普通です。

トリマーさんのお仕事といっても、動物専門のヘルパーさんとして考えた方が的を得ています。

お仕事としてトリマー募集という求人を出している職場でも、職場の業務全体としての流れは場所によって異なるのが一般的です。

店舗を併設している職場もあれば、ペット預かり所のサービス人員として募集している場合もあります。

また、動物病院などでは獣医師助手として動物の世話や診療のためのトリミングといった技術を必要としている場合もよくある話です。

このようにトリマーさんの仕事内容は、働く場所それぞれで全く違う場合も多い事に注意してください。

応募をする前に職場見学などで実際の仕事内容を見せてもらうのが一番ですが、多くの場合トリミングの専門技術だけで仕事が出来る方が珍しいと考えて良いでしょう。

基本は仕事全体の流れの中で、トリミングする機会がどれくらい含まれているのか、事前に良く調べておくのが良いでしょう。

トリミングの仕事内容

では、具体的にトリマーさんの仕事にはどのようなものがあるのか列挙してみましょう。日常のお仕事はほとんど店舗の管理業務と考えて良いでしょう。多くは立ち仕事が主体となり、体力も必要です。

・ペットを迎えに行く
カスタマーの家まで迎えに行きます。

・グルーミングやトリミングを頼まれる。
一般的なトリミングに関連する基本業務です。

・ペットの散歩を頼まれる。
トリミングの空いた時間に散歩もサービスします。

・ペットの子守を頼まれる。
カスタマーの都合でペットを預かる場合があります。

・ご飯をつくって食べさせる。
担当のペットの食事の世話も大切な日課です。

・汚れた身体をきれいにする。洗ってあげる。
引き受けたペットは基本的に清潔な状態で送り出します。

・皮膚病管理
皮膚などの細かい部分などに異状がないか調べます。

・排泄管理
ごはんと同様、預かった動物のケアです。

・店舗の日常業務や商品管理
電話応対や来客応対なども含まれます。顧客管理や在庫管理などの集計なども任される場合があります。
店舗の清掃などもおこないます。

その他特別な仕事

動物病院では、手術や傷の処置のために必要な部分だけをトリミングしたりカットしたりといった特殊作業になります。動物によって、あるいは処置の内容によって方法は異なる場合が普通です。

一般のトリマーの仕事も犬や猫の手入れという面で同じように見えますが、特別な種類の犬・猫、ドッグショーやコンテストに出場する動物などと一般家庭のペットでは全く考え方が変わってきます。

特別なペットの場合はその本来の価値を落とすような仕上げは考えられずカスタマーを失望させるような作業は行う事はできません。そのため十分な知識と技術を必要とし、個々の動物によって特別な流儀・作業仕様となる場合がありますので留意しておきましょう。

Pocket

ペットトリマーの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ペットトリマーの資格について知りたい!
  • とりあえずトリマーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ペットトリマーへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事